中学の時に気づいた!その後ラポマインで対策したこととは

私は中学校に上がったころから自分の臭いに悩んでいました。

 

ちょうど思春期に入った時期で、自分の見た目や臭いに敏感になっていたのもありますが、誰にも相談できずにいました。

 

特に運動部に入っていたこともあり、汗をかくと独特の臭いがしている気がして、他の子に知られないか心配でした。

思い切って母親に相談したところ、それはわきがかもしれないと言われました。

 

私の父がわきがで、それが遺伝しているかもと言われてびっくりしました。

 

確かに父も変な臭いがすることがありました。

 

そしてわきがについて調べてみると、わきがは生まれ持った体質で遺伝するものということが分かりました。

 

アポクリン汗腺の量が人より多く、そこから出る汗と皮脂が混じって独特の臭いを発生させてしまうとのことでした。

 

自分の体臭が臭いというのはショックで、手術したいと母に言いましたが、まだ子どもだからそれはできないけど、できるだけの対応はしようということになり、その日から母も協力してくれてわきが対策を始めました。

まずは、清潔にすることを心がけ、夜の入浴の他に朝もシャワーで汗を流してから登校しました。

 

そして、濡れタオルを用意してもらい、それを持参して学校でも汗をかいたら脇をそれでふき取ることにしました。

 

ラポマインという商品もお願いして買ってもらいました。

 

食事もなるべく油っこいものは避けて和食を作ってくれました。

 

それでも臭いは完全にとれず、更に体操服に黄ばみが出来てしまうのがとても嫌でした。

 

母は専用の洗剤で手洗いなどしていましたが、完全に落ちないこともありました。

 

そうやってひやひやしながら過ごしてきましたが、大人になってからはだいぶ臭いも落ち着いてきたように思います。

 

今自分で行っている対策は、清潔にすることはもちろん、ワキガ専用のクリーム「ラポマイン」を塗ることです。

これはとても効果があり、長時間臭いが抑えられるのでとても重宝しています。

 

また、持ち歩いて外出先でも塗っています。

 

わきの黄ばみ防止には、脇パットを服につけています

 

そして、野菜を多く摂ることや、ウォーキングなどの運動をして体内循環率を上げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA