ラポマインはわきがに効く?口コミからわかったこと!

自分がわきが体質で、人に強い体臭を嗅がせていたり、下着の黄ばみに気が付いたのは、成人して新社会人になってからのことです。

 

 
学生時代の時から、人よりも体臭が汗臭く、汗っかきだという自覚はありました

 
しかし、生活に支障が出る程ではなかったので、体を良く洗い清潔に保ち、下着を毎日取り替えれば安心、そう思っていました。

 

 
所が、遺伝や生まれつきなのか、元々わきがの素質を持っていたようで、社会に出て毎日ストレスを浴びるようになってからは、知らず知らずの内に体質の特徴が表面に現れていました

 

 
最初は、下着が以前よりも黄ばみやすいなと思う程度でしたが、通勤中に周囲の人が距離をおいたり、会社でも人と距離を感じることに気が付きました。

 

 
また、雑誌やインターネットでわきがや体臭の文字を見ると、ドキッとすることが度々ありましたから、薄々自分がわきがなのではと、無意識の内に意識していたと思います。

 

 
ただ、人は自らの欠点を認めたくないものですし、下着の黄ばみ以外は思い込みの可能性もあると考えていたので、毎日を誤魔化しながら過ごしていました。

 

 
自分がわきがで、体臭が人に迷惑を掛けていると知ったのは、同僚から届いた臭いを指摘するメッセージです。

 

 
メッセージには、本人が気が付いているかどうか分からないものの、体臭が社内で噂になっている、というような内容が書かれていました。

 

 
口頭で直接言われたわけではありませんが、やはり他人から指摘されたのはショックで、暫くの間は人と接触するのを避けました。

 


体臭に関しては、人一倍気を使っていたと思いますし、毎日清潔に保つ努力をしていたので、そのどれもが無駄だったのかと、自暴自棄になり掛けたのを覚えています。

 

 
自暴自棄にならずに済み、わきがでも前向きに生きていられるのは、患者の悩みを良く理解している、わきが専門の医者に相談した時の言葉があったからです。

 

 
わきがは遺伝の影響が大きい体質で、時には体臭を強くしたり、下着に黄ばみが発生して、自意識過剰状態に陥らせるといった内容です。

 

 
対処や治療法はあるので、決して諦めないで下さいと励まされ、諦めずに治療を続けた結果、日常生活が送れる今に至っています。

 

 

とりあえず今はラポマインを使用して様子を見ています。

ラポマインで汗を予防!シミにも効果はあるのか!?

年齢とともにシワやシミが目立つようになってきました。

 
今までしっかりケアをしてきたつもりだったのですが、やはり年を重ねるごとに肌が乾燥しやすくなってきたので、若い頃に使用していたスキンケア用品では追いつかなくなってきたのではないかと思い、この機会にスキンケア用品を見直してみることにしました。

 

 

どのようなスキンケア用品が良いのか迷っていたときは、コスメサイトの口コミを参考にしました。

 
私と同じ年代で同じ肌トラブルの方が使用して評価が高いスキンケア商品をいくつかピックアップをして、お試しセットがある商品は、お試しで肌に合うかどうか、効果が期待できるかどうかを確認しました。

 

 

最近は、洗顔から美容液までラインでお試しをすることができ、手頃な価格のお試しセットを出しているスキンケア商品が多かったので、便利に利用することができました。

 
いくつかの商品をお試ししてみて、効果が期待できるような商品を本格的に使い始めてみることにしました。

 

まず試したのはラポマイン

 

臭いを消して綺麗な肌へと導いてくれます

新しく選んだ商品は、高い保湿効果を期待することができる商品です。

 
クレンジングにも美容成分が多く配合されているので、今まで使ってきたクレンジングと比べると、使用した後に肌がつっぱることがなく、しっとりと潤っていました。

 
潤いを保ちながらもメイクの汚れはしっかり落ちているので、使い続けていると、毛穴の汚れが目立たなくなり、肌に透明感が出てきました

 

ラポマインすげ~というのが第一印象の感想です。

 

化粧水、乳液も高い保湿力を持つ成分であるヒアルロン酸やセラミドがたっぷり配合された商品を使用していたので、使い続けることで肌がしっとりと柔らかくなり、ハリも出てきました。

 
クリームと美容液は、シミを改善するためにハイドロキノンなど美白効果が高い成分が配合されている商品を使用しました。

 
これらの化粧品を使ってもシワやシミの肌トラブルはすぐには改善することができませんでしたが、使い始めて1ヶ月経った頃には目元の小じわは目立たなくなり、肌に透明感が出て、気になるシミもだんだん薄くなってきました。

 
スキンケア用品を見直して肌トラブルを改善することができて良かったです。

服の黄ばみが酷いときのラポマイン対処法!私が行った実例を紹介!

自分では最初の頃はあまり気づいていませんでしたが、

 

ある時「あれ?この臭いって私?もしかしてわきが?」と思うことがありました。

 

電車の中で吊革につかまっていたんですが、嫌な臭いがするんです。

 

近くには女性しかいないし、まさか?と思って何気なく脇に鼻を近づけてみると、やっぱり自分でした。

 

自分がわかるということは、他の人にも臭いが気づかれているのかもしれません。

 

特に嫌な顔をしている人はいませんでしたが、あの時のショックは今も忘れられません。

 

わきがが気になった時に気づいたんですが、白いTシャツの脇の部分、よく見ると黄ばみが出来ているんです。

パッと見ただけではわからないんですが洗濯した後にTシャツをたたんでいると、やっぱりわかるんです。

 

これもまた嫌になってしまって、白いTシャツは全て処分してしまいました。
体臭はそんなにする方ではないと思っていたんですが、わきがが気になってしまったので「私、臭いんだ…」と、そこからは毎日のようにお風呂の時にボディソープでごしごしと身体中を洗いまくってしまいました。

 

力を入れてこすってしまったせいで皮膚が傷ついて、瘡蓋を何か所も作ってしまったんですが。

 

ラポマインを最後の頼みの綱と思い、購入を決意しました。

 

公式サイトで購入したので、返金保証もあり、とても安く手に入れられました。

 

年齢的なものもあるからか、毎日しっかりと身体を洗う習慣ができたからなのかわかりませんが、今はわきがや体臭のことで悩むことはなくなりました。

 

Tシャツの脇の黄ばみは気になることもあるので、あまり長期間着続けないようにして新しいものを購入したり、ネイビーや黒などの黄ばみがわからないものを購入するようにしています。
自分では全く自覚がないけれど、白い衣類の脇に黄ばみが出来てしまうことがあるという人は、実はわきがかもしれませんので、良く自分の匂いをチェックしてみると良いと思います。

症状がひどい場合には病院に行くなどの対処も必要になるかもしれませんが、軽度ならば私のように身体を清潔にしておくだけで、嫌な臭いを防ぐことができるかもしれません

 

でも今まで使ってきた中ではラポマインはオススメの商品ですね。

中学の時に気づいた!その後ラポマインで対策したこととは

私は中学校に上がったころから自分の臭いに悩んでいました。

 

ちょうど思春期に入った時期で、自分の見た目や臭いに敏感になっていたのもありますが、誰にも相談できずにいました。

 

特に運動部に入っていたこともあり、汗をかくと独特の臭いがしている気がして、他の子に知られないか心配でした。

思い切って母親に相談したところ、それはわきがかもしれないと言われました。

 

私の父がわきがで、それが遺伝しているかもと言われてびっくりしました。

 

確かに父も変な臭いがすることがありました。

 

そしてわきがについて調べてみると、わきがは生まれ持った体質で遺伝するものということが分かりました。

 

アポクリン汗腺の量が人より多く、そこから出る汗と皮脂が混じって独特の臭いを発生させてしまうとのことでした。

 

自分の体臭が臭いというのはショックで、手術したいと母に言いましたが、まだ子どもだからそれはできないけど、できるだけの対応はしようということになり、その日から母も協力してくれてわきが対策を始めました。

まずは、清潔にすることを心がけ、夜の入浴の他に朝もシャワーで汗を流してから登校しました。

 

そして、濡れタオルを用意してもらい、それを持参して学校でも汗をかいたら脇をそれでふき取ることにしました。

 

ラポマインという商品もお願いして買ってもらいました。

 

食事もなるべく油っこいものは避けて和食を作ってくれました。

 

それでも臭いは完全にとれず、更に体操服に黄ばみが出来てしまうのがとても嫌でした。

 

母は専用の洗剤で手洗いなどしていましたが、完全に落ちないこともありました。

 

そうやってひやひやしながら過ごしてきましたが、大人になってからはだいぶ臭いも落ち着いてきたように思います。

 

今自分で行っている対策は、清潔にすることはもちろん、ワキガ専用のクリーム「ラポマイン」を塗ることです。

これはとても効果があり、長時間臭いが抑えられるのでとても重宝しています。

 

また、持ち歩いて外出先でも塗っています。

 

わきの黄ばみ防止には、脇パットを服につけています

 

そして、野菜を多く摂ることや、ウォーキングなどの運動をして体内循環率を上げています。